ジムビームCMはカラフルなローラが「家でつくろっ!」CMソングはThink!ハイボール家で作ろう!

CM曲

モデルのローラさんが出演するサントリーバーボン「ジムビーム」の60秒CM「家でつくろっ!ジムビームハイボール」篇が2020年4月24日に公開されました。(2019年4月同内容)CM曲は「Think」。CMを見れば正しいジムビームハイボールの作り方が分かる内容になっています。CMの見どころはリモコンを持ったローラさんのカメラ目線です♪(個人的に)え~皆さんも外出は控えて楽しく「ハイボール家で作ろう!」

それでは、CMの出演者プロフィール・CM動画ムービー・写真画像などの情報をぎゅっと凝縮してまとめましたのでご覧ください。

ジムビームCM概要

出演者:ローラ

CMタイトル:「家でつくろっ!ジムビームハイボール」篇

CM楽曲:「Think」Aretha Franklin(アレサ・フランクリン / シンク)

キャッチコピー:家でつくろっ!

CM商品:ジムビーム(Jim Beam)

CM提供会社:サントリースピリッツ株式会社

今回新たに公開されたCM動画がこちらです!

ジムビームCM動画

ジムビーム『家でつくろっ!ジムビームハイボール』篇 60秒 ローラ サントリー

ジムビーム『家でつくろっ!ジムビームハイボール』篇 60秒 ローラ サントリー

先月公開のCM

ジムビーム『家サイコーッ!』篇 15秒 ローラ サントリー CM

ジムビーム『家サイコーッ!』篇 15秒 ローラ サントリー CM

商品名:ジムビーム 出演者:ローラ 使用楽曲名:Aretha Franklin – Think

CMソングは誰?

Aretha Franklin – Think (feat. The Blues Brothers) – 1080p Full HD

Aretha Franklin – Think (feat. The Blues Brothers) – 1080p Full HD

Aretha Franklin performing ‘Think’ in the 1980 film The Blues Brothers.

「シンク」(Think)は、アメリカの歌手アレサ・フランクリンが1968年に発表した楽曲でテーマは自由。当時の夫であったテッド・ホワイトとの共作。

Aretha Franklin(アレサ・フランクリン)
生年月日:1942年3月25日~2018年8月16日(76歳没)
出身地:アメリカテネシー州メンフィス

1987年、女性アーティストとして初めて『ロックの殿堂』入りを果たした。また、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第1位に選ばれている!

※本CMで歌っている歌手「Tomomi Legeco(ともみ れじぇこ)」カバー

歌手、宇宙式ボイスカウンセラー。FMラジオMC、講演家。

CM出演者は誰?プロフィールです!

<ローラ>プロフィールです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Reading ..🖤📖🕊

𝐑𝐎𝐋𝐀🇯🇵🇧🇩🇷🇺(@rolaofficial)がシェアした投稿 –

名前:ローラ

生年月日:1990年3月30日 (30歳)

出身地:東京都

バングラデシュ人、日本人、ロシア人の混血でいわゆるクォーター

身長:165cm

スリーサイズ:82 – 58 – 86 cm

所属事務所:LIBERA

デビュー:2007年『Popteen』

備考:16歳でモデルデビュー。ハーフモデルとして独自のアイデンティティーをもち、その愛くるしいキャラクターと個性溢れるスタイルで国内外を問わず活躍。あらゆるファッション誌のカヴァーを飾り、様々な表情でファンを楽しませている。自身のファッションセンス・セルフプロデュースも業界から評価が高く、今後の動向がさらに注目される女性である。自然環境問題にも力を入れている。

ローラyoutube参考動画

お家ワークアウト❗️はじまるよ〜❗️💕💦10min Home Workout💦

お家ワークアウト❗️はじまるよ〜❗️💕💦10min Home Workout💦

お家の中でできる10分の運動!!体をう〜んと動かしたいときにぜひ試してみて!! ウォームアップをした後に取り入れる事でさらに効果があるから、とってもおすすめ♪なれてきたら10分×3回で1日分のしっかりとしたエクササイズになるよ♪#家で一緒にやってみよう #StayHome #WithMe




CM動画を画像でお届け(クリック拡大後スクロールできます)

CM画像ギャラリー!

以上!ローラ出演、ジムビームCM2020年「家でつくろっ!ジムビームハイボール」篇のご紹介でしたー。

CM紙芝居・トップページ

 

 

 

コメント